忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2020/02/21 (Fri) 16:50 | | Top△
日刊びびはじめました
こんばんわ、びびです。

サイト巡回中に日刊あなたなるものをみつけたので、
やってみたいと思います〜ヽ(´ー`)ノ

続きは折々なのですよ(*'-')つ
日刊Vivii 8/27 (日)


Vivii、ついにミクロネシア進出

昨年末、シングル「Viviiが止まらない」で爆発的ヒットを果たした人気歌手Vivii。
Viviiの躍進はとどまるところを知らない。所属事務所によると、大成功をおさめた今年1月のチベットツアーに続き、今度はミクロネシアツアーを行うとのこと。
Viviiの人気は赤道直下の島国トンガでも高く、ツアーに先立ち「Viviiが止まらない」(スワヒリ語バージョン)もリリースされる予定。
しかし、一部関係者からは、MCを一切いれずに、シングル1曲を2時間も繰り返し歌い続けるコンサートを、疑問視する声も聞かれ、今後プロモーターとの間に歪が生じるのでは?との見方もある。
Viviiは自信のキャッチコピーでもある「いつまでも、あると思うな、人気と仕事」を地で行くのか、それとも、批判の声とは裏腹に、この人気が永遠に続くのか、いずれにせよ、今はViviiが止まらない。(県広報係記者)


絶滅していなかった?Viviiを渋谷区で目撃

昨夜午後十時ごろ、都内渋谷区の路上でViviiが目撃された。平安時代末期に絶滅されていたとされているViviiだが、最近になって目撃証言が相次ぎ、その確認が急がれていた。現場でViviiを目撃した会社員(32)は、「お、俺は見た...ぱられろぽれ〜ん」と言って口から泡を吹き、30分後収容先の病院で息絶えた。くちばしが金色だったとか、身長は50メートルあったとか、果ては鼻から牛乳を噴くなどという説があるが、目撃者は全員まもなく奇妙な形で死亡しており、どの説も確認は取れていない。
警察では、Viviiの足取りをつかむため、近所の小学生3人を動員して捜索に当たっている。 (河野功記者)


国語審議会の新委員、Vivii氏に決まる

日本語のあり方について審議・提言する国語審議会の委員に、Viviiが選ばれた。Viviiは近年、出版や言論などでの活動が注目されており、委員としても独自の視点を持った活躍が期待されている。記者会見の席で、Viviiは「今回委員に選ばれたことにより、自分はインチキな大人たちに喝を入れることになるだろう」と述べた。
また、終始自分のことを「麻呂」と言い、語尾には「おじゃる」を付けるなどといった、平安風の言葉で記者団に対応した。Viviiは早くも「ベクトルはウザいので廃止する」と言って、鼻息を荒くしている。


とりあえず、突っ込みはなしでおじゃる(ノ∀`)
PR

2006/08/27 (Sun) 21:02 | FF11 | Comments(0) | TrackBack(0) | Top△

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<寄り道 〜夏の終わりに流れる曲〜 | HOME | ちょこぼ育成日記 その2>>
忍者ブログ[PR]